ドラクエ2思い出話。ファミコン版難しいらしいけど当時は夢中になった。

底辺中年雑記
この記事は約3分で読めます。

多分40代ぐらいの人だと、子どもの頃ファミコン全盛期で、ドラクエ2が社会現象になって並んで買ったとかの思い出があるんじゃないでしょうか。

今回はそんなドラクエ2、

難しかったからこそ面白かったよね

という懐かし思い出話しを書かせていただきます。

スポンサーリンク

難関を乗り越えた時のものすごい達成感が忘れられない

達成した人々

たしか海峡の両岸に塔がそれぞれ建っているところまで行くために、広大な大地を補給なし(途中、街とか村がなかったような)で、

ものすごい距離モンスターと戦い続けて踏破するというとこがありました。

もうたぶんHPとかギリギリの状態で、なんとか目的地にたどり着いた時、

ものすごい達成感があったのを子供心に覚えています。

洞窟を抜け真っ白のロンダルキアに出たとき強烈な感動があった

大魔王を倒すために、岩山に囲まれた地「ロンダルキア」に入らないといけないんですが、

そのためには、洞窟を通らないといけない。

その洞窟が難関だったんですね。

たしか何回も挑戦して洞窟を抜けたとき、眼前に真っ白な大地が現れる。

もう今までの緑色のフィールドとは違う、雪が降り積もった真っ白のフィールドなんです。

クリアが難しいダンジョンをクリアしたからこそ、そのロンダルキアの真っ白な大地に感動できたんだと思います。

今ては通用しないむずしさ激ムズの難易度設定だからこそ、強烈な思い出となった

ファミコンをする人

ドラゴンクエスト2は、ファミコン版発売以来スマホなど、いろいろなゲーム機などでリメイクされています。

しかし、1番難しいのはファミコン版とのこと。

子供のころは夢中でやっていたので、すごく難しい難易度設定なんだと、意識してなかったですね。

今のゲームをすると、チュートリアルが丁寧だったり、なかには放置でもOKっていうジャンルもあったりして、かなり親切になっていると思います。

リメイクされたドラクエ2も、ファミコン版に比べると難易度設定は低くしてあって簡単になっているのでしょう。

思い返してみると、やたらと難し買ったからこそ、あれだけの感動があったのかな〜なんておもったりします。

子どものころだったので夢中になれたというのもあるのかも。

では、難しいほどいいゲームなのかというと、そういうことじゃないですよね、

それで思い出すのが押井守監督よ映画「Avalon」

押井守の映画「Avalon」の至言「クリアできなさそうに見える」ゲームが面白い

攻殻機動隊の映画「ゴーストインザシェル」などで有名な監督押井守の実写映画で「Avalon」というのがあります。

いわゆるVRの多人数参加型オンラインゲームが舞台になっているんですね。

その映画の中で、たしか、

簡単なゲームよりも、クリアできなさそうに見えて、じつは僅かにクリアできる可能性が残されているゲームのほうが面白い

というようなセリフ。

つまりはクリア出来なさそうでクリアできるぐらいの難易度のゲームこそが面白い

みたいな意味合いだと思います。

この難易度設定の話しはファミコン版のドラクエ2にも通じるものがありますね。

「Avalon」世界の秘密系とかFPS系のオンラインゲーム好きな人は楽しめる映画だと思います。

【まとめ】ファミコン版のドラクエやってみてもいいんじゃないでしょうか

ということでファミコン版のドラクエ2面白かったな〜という記事でした。

読んで懐かしい気持ちになってもらえてたら、うれしいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました